昨年11月に立ち上げた「武蔵野三鷹駅北口地区まちづくり」のホームページです。今年もぜひアクセスいただいて、まちづくり活動の一画を担えればと願っています。アクセスが500を超えました。

 

  更新日: 2014年10月1日(水)「お知らせ」と「活動日誌」について追加しました。

                  

 ようこそ、私たちのホームページにアクセスしてくださり、ありがとうございました。一番見ていただきたい私たちの今後の活動予定( ● のところ )ほか関連諸団体の活動情報( ・ のところ)は、「お知らせ」の最初のところに現在に近い年月日順に書き込んでおきましたので、ご利用ください。なお、活動日誌については、本年より、現時点により近いものから目に入るようにしたいと思いますのでスタイルの変更となります。(昨年以前の活動日誌についてはそのままとします。)

三鷹駅北口地区まちづくり準備会設立の経緯

 2009年末に三鷹駅北口に大型パチンコ店出店計画が持ち上がり、三鷹駅北口地区の緑豊かな武蔵野らしい落ちついた景観と環境を守り育てていこうと活動する市民が立ち上がり、計画中止をも含めた陳情署名活動が開始された。市長も、市のまちづくりのプランからしても中央圏の景観まちづくりの基軸となる「かたらいの道」の玄関口への出店はふさわしくないと意見表明したが、調整会の場においても事業者側は当初の計画に多少の変更を加えても出店計画そのものを撤回する気はなかった。上記陳情署名数は3100にも達し、陳情は全会一致で採択され、「法的に出店を中止させることは困難だが、住民の心情を尊重し、業者に再考を求め厳しく指導されるよう努力されたい」との付帯意見がついた。これらの動きに弾みをつけるべく、市民らは、2011年4月25日に中央コミセンで「武蔵野市の玄関口にふさわしいまちづくりを目指す市民の集い―三鷹駅北口へのパチンコ出店とまちづくりの問題についてー」とするイベントを開催し、100人を超える参加を得、市議会議員も24名中15名の参加があった。しかし、結果的には、計画の重要部分の変更をさせたとはいえ、大型パチンコ店の出店計画を撤回させることはできなかった。

 その反省から、計画される前にそのような計画ができないような規制をしないとだめだということになり、まちづくり条例上の地区まちづくり計画を作ろうと考え、そのためには地区まちづくり協議会を作る必要があり、協議会を作るための準備会の設立に至ったのである。

三鷹駅北口地区まちづくりシンポジウム実行委員会の立ち上げ

三鷹駅北口地区まちづくり準備会(以下、準備会という)は、財団法人東京都都市建設公社(2013年4月から公益財団法人東京都都市づくり公社に名称変更)の助成金を受けて、後者の認定を受けた専門家であり、かつ、準備会顧問の塩澤誠一郎さんの指導の下に月1回の勉強会を重ねるとともに、2回の視察も行い、他方で、機会あるごとに様々な意見書や要望書を提出し、また、三鷹駅北口駅前広場の暫定整備に関しては、三鷹駅北口商店会と連携して、市と約1年越しの話し合いを行い、市民の声を大きく反映させるという成果も得ることができた。会創設時の会員は29名、オブザーバーは11名でその後も大きく変わっていない。基本的な勉強会が一段落したところで、地区まちづくり計画を作っていくためには、地権者等の半数の賛同が必要なことから、この活動を商店会の方々も含めたもっと幅の広い市民の参加がなければ実現していかないということで、駅前広場の暫定整備の問題で連携してきた中央地区商店連合会会長(三鷹駅北口商店会会長でもある)の田辺さんにも呼びかけ人になってもらって、それに準備会会長と準備会顧問の専門家2名(塩澤さんと田村和寿さん)が呼びかけ人に加わって三鷹駅北口地区まちづくりシンポジウム実行委員会(以下、実行委員会という)を2012年5月に立ち上げたのである。そこには、中央地区商店連合会のメンバー、武蔵野タワーズ理事会のメンバーと準備会メンバーが加わり、これら3者が鼎となって実行委員会はスタートしたのである。当初予定していたシンポジウムのあり方は、この3月11日に起こった東北大震災の影響もあってか、実行委員会の意見交換の中で根本的に見直されることになり、11月4日の三鷹駅北口独歩の碑前でのワールドカフェ・まちづくりイベントに結実していったのである。

地区まちづくり協議会設立に向けて西久保一丁目有志活動始める

今年度の活動方針として承認された、「西久保一丁目地区において、緑を増やす活動を地区まちづくり協議会にまで高める」といった活動がいよいよ開始されました。目下、市まちづくり推進課と「西久保一丁目緑をまもるまちづくり協議会設立説明会」を開催するにあたっての打ちあわせを行っています。

さらに、西久保一丁目町会の班長さんたちに、この活動の趣旨を理解してもらい、この活動を広げてもらうために、チラシ「敷地内道路沿いに植樹をのお願い」チラシ「新築の方への敷地内道路沿い植樹のお願い」を配付することになっています。この活動については、引き続きフォローしていきますので、アクセスしてくださいね。